ストレス緩和をサポート!長芋の豚バラ巻きのレシピ

FacebookTwitterLine

職場や家庭、どんな環境でもつきまとうのが「ストレス」。

 

仕事を変えてみるなどの改善策もありますが、ここが頑張りどころ!と言った時にはストレスに立ち向かう事も必要ですよね。

 

そこで今回は、ストレスの緩和を食事の面からサポートしてくれる「長芋の豚バラ巻き」を紹介します。

 

長芋のカルシウムと、豚肉のビタミンB2はストレスの緩和に貢献します。

また、長芋のビオチンや豚肉のたんぱく質によって、ストレスによって荒れた肌を持ち直す効果も期待できますよ。

 

レシピ

主材料:2つ

2食分

調理時間 15分

 

材料

豚バラうす切り肉 8〜10枚

長芋 200g

ごま油 小さじ1

A みりん 大さじ1

A しょうゆ 大さじ1

A 酒 大さじ1

 

作り方

1.長芋はスティック状に切る。Aの材料は合わせておく。

2.長芋に豚バラ肉をくるくると巻きつける。

3.フライパンにごま油を引き、2を並べて中火で加熱する。

4.片面が焼けたら裏返して、豚肉の色が変わるまで加熱する。

5.混ぜ合わせておいたAをまわしかけ、4に絡めながら水分が飛ぶまで1分ほど炒める。

 

一人分栄養価

エネルギー 318kcal

たんぱく質 9.3g

脂質    20.3g

糖質    18.5g

食物繊維  1g

食塩相当量 1.9g

 

 

胃にやさしい「ジアスターゼ」。効率よく摂取するために、加熱時間は短めに!

 

「肉を食べてスタミナをつけよう!」という言葉はよく聞きますよね。

しかし、ストレスによって胃腸が弱っていたりすると、せっかく肉を食べてもうまく栄養を吸収できないことも。

 

長芋に含まれるジアスターゼは消化を助け、栄養の吸収を正常に戻す効果が期待できます。

しかし、ジアスターゼは熱に弱く、60℃前後で効果が失われてしまうのだとか。

 

そこで、豚肉に包んで加熱時間を短めにすることで、ジアスターゼの効果が失われるのを防ぐことができます。

 

 

豚肉のカロリーが気になる方は肉の種類を変えるか、脂を拭き取ると◎

ビタミンB2のほか、ミネラルやタンパク質、脂質など体の健康を維持するために必要な栄養が含まれています。

とはいえ、気になってくるのがカロリー。それぞれの生の状態でのカロリーの目安は下記の通り。

  • バラ 395kcal
  • 肩ロース 216kcal
  • もも 183kcal
  • 外もも 235kcal
  • ヒレ 130kcal

 

どうしてもカロリーが気になる!という方はヒレ肉やもも肉を選ぶといいでしょう。

また上記は生の状態でのカロリーなので、加熱して出てきた脂をキッチンペーパーで拭き取るなどすることでもカロリーダウンを狙うことができます。

まとめ

ストレス緩和に貢献する「長芋の豚バラ巻き」のレシピ&動画をご紹介しました。

仕事や家庭環境、季節などの影響で受けるストレスに打ち勝つためにも、長芋×豚肉を上手に取り入れてみてくださいね。

FacebookTwitterLine

料理研究家。家庭を幸せにする作り置きレシピを研究しています。 1988年12月15日生まれ。横浜市出身。 食に関する企画、レシピ制作、撮影、記事ライティングを行う。レシピ動画制作、料理撮影、料理教室なども。 【公式作り置きレシピサイト】 タベタノ? http://tabetano.main.jp/

Fooshine

公式アカウントをフォローして新しい情報をチェック!

関連記事

最近の記事