筋肉の疲労回復をサポート!ほうれん草の牛肉ステーキサラダ

FacebookTwitterLine

久しぶりに体を動かしたら、疲れがなかなか取れない…!

なんていう経験は、誰でも経験したことがあるのではないでしょうか。

日常生活に支障をきたしてしまう前になんとかしたいですよね。

 

そこで筋肉の疲労回復を体の内側からサポートする「ほうれん草の牛肉ステーキサラダ」のレシピのご紹介です。

疲労回復に必ず必要なたんぱく質を摂りながら、筋肉を動かすのに欠かすことができない「鉄分」を効率よく摂ることができるレシピになっていますよ。

レシピ

2食分

調理時間 20分

主材料 3つ

 

材料

牛肉ステーキ用 200g

エキストラバージンオリーブオイル 大さじ1

サラダほうれん草 100g

 

A エキストラバージンオリーブオイル 大さじ2

A 酢 大さじ1

A しょうゆ 大さじ1と1/2

A 砂糖 ひとつまみ

A わさび (チューブ)2cm

作り方

1.牛肉を冷蔵庫から出して30分ほど置き、常温に戻す。Aを混ぜ合わせる。サラダほうれん草は食べやすい大きさに切る。

2.魚焼きグリル(またはトースター)を、強火で温めておく。

3.フライパンにオリーブオイルを引いて中火で熱し、牛肉を加えて両面を1分ずつ焼く。

4.肉を取り出してアルミホイルに包み、魚焼きグリル(またはトースター)の火を止め、肉を入れて8分間休ませる。

5.肉を食べやすい大きさに切り、サラダほうれん草を盛り付け、Aをかける。

一人分栄養価

エネルギー 730kcal

たんぱく質 14.3g

脂質    70.0g

糖質    2.8g

食物繊維  1.5g

食塩相当量 2.1g

 

ほうれん草の鉄分は吸収されにくい?効率よく摂取するカギは「たんぱく質」!

筋肉を動かすのに欠かすことができない「鉄分」。

ほうれん草には鉄分が多く含まれますが、ほうれん草の鉄分は「非ヘム鉄」と言い、そのままでは体に吸収されにくい栄養素です。

 

「非ヘム鉄」の吸収をよくするには良質なたんぱく質と一緒に摂るのがポイント。

牛肉のたんぱく質で、ほうれん草の非ヘム鉄の吸収をよくし、筋肉の疲労改善に役立ちます。

 

もちろん、たんぱく質自体も筋肉作りに必須の栄養ですから、ほうれん草と一緒に摂れば一石二鳥ですね。

 

絶妙なレア加減のステーキを焼くには「トースターか魚焼きグリル」があればOK!

お店のようなレアのステーキを焼くのは、なかなか難しいもの。

簡単にレアな焼き加減を再現する方法は、レシピのようにアルミホイルで包み、トースターなどの余熱で肉を休ませるのがポイント。

 

しかし、家庭の台所は夏場と冬場でなかなか温度が安定せず加減が難しいですよね。

特に冬場に、ステンレス製の調理台などの上に置くと、一気に温度が下がって火の通りが甘くなってしまうことも。

そこで、トースターや魚焼きグリルを使えば、安定した環境で肉を休ませることができるのです。

まとめ

疲労回復に役立つ「ほうれん草と牛肉のステーキサラダ」のレシピを紹介しました。

 

牛肉のたんぱく質とほうれん草の鉄分を効率よく吸収して、筋肉の疲労回復につなげることができます。

主材料は2つだけで作れるので、ぜひ試してみてくださいね。

FacebookTwitterLine

料理研究家。家庭を幸せにする作り置きレシピを研究しています。 1988年12月15日生まれ。横浜市出身。 食に関する企画、レシピ制作、撮影、記事ライティングを行う。レシピ動画制作、料理撮影、料理教室なども。 【公式作り置きレシピサイト】 タベタノ? http://tabetano.main.jp/

Fooshine

公式アカウントをフォローして新しい情報をチェック!

関連記事

最近の記事