腸内環境の改善に貢献!キムチーズ納豆巾着

FacebookTwitterLine

 

なんとなく体が重い、気分がスッキリしない…。

そのお悩みは、もしかしたら腸内環境に原因があるかもしれません。

 

腸の調子は消化吸収だけでなく、免疫や肌の状態へも影響を与えると言われています。

 

今回はそんな腸内環境の改善に役立つ料理「キムチーズ納豆巾着」のレシピをご紹介。

キムチ、チーズ、納豆といった発酵食品には、腸内環境を整える効果が期待できます。

レシピ

2食分

調理時間 30分

主材料 4こ

材料

油揚げ 2枚

A 納豆 1パック

A キムチ 50g

A ピザ用チーズ 50g

ごま油 小さじ1

下準備

油揚げをザルに入れ、両面に油をまわしかけ、油抜きをする。

作り方

1.Aの材料をボウルに入れて混ぜる。

2.油揚げを半分に切り、油揚げの中にAの材料を全て入れる。

3.竹串を用意し、口を縫い合わせるように2に刺す。

4.フライパンにごま油を引いて中火で熱し、3を並べて表面がきつね色になるまで焼く。

一人分栄養価

エネルギー 268(kcal)

たんぱく質 15.9(g)

脂質 20.4(g)

糖質 2.4(g)

食物繊維 2.1(g)

食塩相当量 1.3(g)

 

発酵食品が腸内環境の改善に役に立つ理由とは?

発酵食品は文字通り菌の力を借りて作られた食べ物のため、菌が腸内環境改善に役立つといったイメージがありますよね。

菌のすべてが改善に働くわけではありませんが、納豆菌などは乳酸菌を増やし、安定化させると言われています。

また、オリゴ糖、食物繊維との相乗効果で腸内環境改善に貢献してくれますよ。

発酵食品は加熱しすぎないのがポイント!

発酵食品に含まれる菌には、加熱によって死んでしまうものも。

なるべくそのまま食べるか、加熱する場合でもなるべく短くすることで、菌の死滅を抑えることができます。

今回ご紹介したレシピでは、巾着で包んで、表面が色づいたら火からおろすことで、菌が残るように工夫しています。

 

まとめ

3種類の発酵食品で腸内環境の改善に一役買ってくれるレシピ、「キムチーズ納豆きんちゃく」のレシピをご紹介しました。

こちらの料理を食卓に取り入れて、発酵食品を上手に摂ることで腸内環境の改善に役立ててみてくださいね。

FacebookTwitterLine

料理研究家。家庭を幸せにする作り置きレシピを研究しています。 1988年12月15日生まれ。横浜市出身。 食に関する企画、レシピ制作、撮影、記事ライティングを行う。レシピ動画制作、料理撮影、料理教室なども。 【公式作り置きレシピサイト】 タベタノ? http://tabetano.main.jp/

Fooshine

公式アカウントをフォローして新しい情報をチェック!

関連記事

最近の記事