血行不良のお悩みに!サーディン×アーモンドオープンサンド

FacebookTwitterLine

冷え性、頭痛、肩こりといったお悩み…原因は人によってさまざまですが、血行不良が主な引き金になっている場合も。

 

そこで今回は、血行不良の改善に役立つ栄養素、ビタミンEをたっぷりと摂れる「オイルサーディンのオープンサンド」のレシピをご紹介します。

トーストしたパンに具材を載せるだけで作れる簡単レシピなので、どなたでも試すことができますよ。

 

レシピ

2食分

調理時間 10分

主材料 6つ

 

材料

オイルサーディン 105g (約1缶分)

食パン 2枚

バター 2かけ

スライスアーモンド 25g

小ねぎ 2~3本

一味唐辛子 (お好み)適量

作り方

1.小ねぎは小口切りにする。

2.食パンをトースターなどでこんがりとするまで焼き、それぞれにバターを塗る。

3.食パンの上にスライスアーモンドを広げ、オイルサーディンを並べ、小口ネギ、一味唐辛子を散らす。

 

一人分栄養価

エネルギー 482kcal

たんぱく質 18.7g

脂質    31.8g

糖質    28.6g

食物繊維  2.8g

食塩相当量 1.1g

 

血行不良の改善、動脈硬化の予防にも働くビタミンE

ビタミンEは毛細血管を広げて、筋肉に必要な酸素や栄養を行き渡らせるために必須の栄養素。

 

ビタミンEが不足すると、血管の細胞膜も酸化し、コレステロールが沈着して動脈硬化の原因になると言われています。

血の巡りをよくしたい人には、積極的に取り入れて頂きたいビタミンと言えます。

 

オイルサーディン缶も”熟成”する?

オイルサーディンの原産国として有名なノルウェーでは、賞味期限が過ぎるのを待ってからサーディン缶を開けるという人もいます。その理由は、味が染み込んでおいしくなるからなのだとか。

 

実際に、製造年月日から時間が経つごとにサーディンの身の中にオリーブオイルが染み込んでいくことで、より味の染みたサーディンになっていきます。

期限の切れた缶詰はNGですが、期限内であればあえて少し時間の経ったオイルサーディンを味わってみるのもいいかもしれません。

 

まとめ

血行不良によるトラブル改善をサポートする「オイルサーディンのオープンサンド」のレシピをご紹介しました。

トーストした食パンに具材のせるだけと、とにかく手軽に作れますので、ぜひ試してみてくださいね。

 

FacebookTwitterLine

料理研究家。家庭を幸せにする作り置きレシピを研究しています。 1988年12月15日生まれ。横浜市出身。 食に関する企画、レシピ制作、撮影、記事ライティングを行う。レシピ動画制作、料理撮影、料理教室なども。 【公式作り置きレシピサイト】 タベタノ? http://tabetano.main.jp/

Fooshine

公式アカウントをフォローして新しい情報をチェック!

関連記事

最近の記事