代謝アップに貢献!えのきだけサンラータン

FacebookTwitterLine

体重が落ちにくくなった…と感じたら、それは基礎代謝が低下しているのかもしれません。

 

代謝を上げるための組み合わせとしておすすめしたいのが、えのきだけとラー油。

 

えのきだけに含まれるナイアシン、ラー油に含まれるカプサイシンはそれぞれエネルギーの代謝を助けてくれます。

 

今回は、この2つを摂ることができる「えのきだけサンラータン」のレシピをご紹介します。

 

レシピ

2食分

調理時間 15分

主材料 4つ

 

材料

えのきだけ 2/3袋

水 400ml

しょうが (すりおろし)1かけ分(チューブの場合3〜4cm)

ごま油 小さじ1

A 鶏がらスープの素 小さじ1

A しょうゆ 小さじ1

A 酢 小さじ2

A こしょう 小さじ1/4

片栗粉 小さじ2

卵 1個

ラー油 適量

 

作り方

1.えのきだけは石づきを落とし、ほぐす。片栗粉は倍量の水で溶く。

2.鍋にごま油を引いて弱火で熱し、しょうが(すりおろし)を香りが立つまで炒める。

3.えのきだけ、水を加えてふたをし、中火で5分ほど加熱する。

4.弱火にし、Aの材料を加え、鶏がらスープの素が溶けるまで混ぜる。

5.水溶き片栗粉を加え、かき混ぜながらとろみがつくまで加熱する。

6.火を強めて沸騰させ、溶きほぐした卵を加えてかき混ぜる。

7.ラー油をまわしかける。

 

一人分栄養価

エネルギー 124kcal

たんぱく質 7.5g

脂質    8.4g

糖質    3.7g

食物繊維  1.2g

食塩相当量 1.3g

 

 

えのきだけのナイアシン、ラー油のカプサイシンが代謝のいい身体づくりに貢献!

ナイアシンは体内でNADという物質に変わり、食べたものをエネルギーに変えるのを助けてくれるとされています。

 

エネルギーの代謝に関わる重要な栄養です。

また、唐辛子に含まれるカプサイシンは、代謝をあげて身体を温め、脂肪燃焼にも効果が期待できます。

 

えのきだけは汁ごと食べる料理に使うことで、ナイアシンを無駄なく摂れる!

えのきだけの豊富なナイアシンは水溶性。

そのため、調理すると簡単に流れ出てしまいます。えのきだけを料理に使う際には、みそ汁やスープなど、流れ出たナイアシンも摂ることができる料理にするのがおすすめです。

 

まとめ

えのきだけの栄養が無駄なく摂れ、ナイアシンとカプサイシンによる代謝アップ効果が期待できる「えのきだけサンラータン」のレシピをご紹介しました。

最近代謝が落ちてきた気がする…なんてお悩みのある方は、ぜひお試しくださいね。

FacebookTwitterLine

料理研究家。家庭を幸せにする作り置きレシピを研究しています。 1988年12月15日生まれ。横浜市出身。 食に関する企画、レシピ制作、撮影、記事ライティングを行う。レシピ動画制作、料理撮影、料理教室なども。 【公式作り置きレシピサイト】 タベタノ? http://tabetano.main.jp/

Fooshine

公式アカウントをフォローして新しい情報をチェック!

関連記事

最近の記事