赤ちゃんの月齢に合わせた「離乳食のおかゆ」の作り方

FacebookTwitterLine

赤ちゃんの離乳は、正しい時期に正しい方法で行うことが大切です。

この記事にでは、離乳時のポイントと離乳食に適した「おかゆ」の作り方を

赤ちゃんの月齢ごとにお伝えします。

離乳とは?

1)離乳の開始

「離乳」と一口に言っても、「離乳の開始・進行・完了」と3つの時期に分けられます。

 

まず離乳の開始とは、なめらかにすりつぶした状態の食べ物を初めて与えたときをいいます。離乳を開始する時期に適しているのは赤ちゃんが、生後5〜6ヶ月に達したら。

 

発達の目安としては、「首のすわりがしっかりしている」「支えてやると座れる」「大人が食べているのを見て口をもぐもぐ動かすなど、食べたそうにする」「スプーンなどを口に入れても、舌で押し出すことが少なくなる(哺乳反射が弱まる)」などがあげられます。

 

生後5ヶ月よりも前の赤ちゃんに離乳食を与えている映像を見たことがありますが、スプーンを口の中に入れても、反射的に押し戻してしまうんですね。
赤ちゃんの発達のスピードにもよりますが、5〜6ヶ月くらいから離乳食を始めるのが一般的と言われています。

 

なお、離乳を開始する前の赤ちゃんにとって、最も適している栄養源は乳汁(母乳または育児用ミルク)です。
離乳食が始まる前に、「果汁なら大丈夫だろう」と、ジュースや果物の絞り汁を飲ませるのは、果汁を取ることにより母乳や育児用ミルクを飲む量が減ってしまうことにもつながります。また、たんぱく質、脂質、ビタミン類や、鉄・カルシウム・亜鉛などのミネラル類の摂取量が減ってしまうこと、さらに、のちの食生活で果汁ばかりを好んで飲むようになってしまうことにも関連して来るため、栄養学的な意義は認められていません。
そのため、果汁でなく乳汁(母乳または育児用ミルク)を飲ませるようにしてください。

 

2)離乳の進行

離乳食を始めてから最初の1ヶ月間は、離乳食は1日1回与えるようにしましょう。
最初は赤ちゃんの様子を見ながら、ひとさじずつ始めていきます。母乳または育児用ミルクは、赤ちゃんが欲しがる分を与えるようにします。
この時期は、離乳食をうまく飲み込んだり、その舌ざわりや、食材の味に慣れることが主な目的です。

 

離乳食を開始して1ヶ月ほどたったら、離乳食は1日2回に増やします。
母乳または育児用ミルクは離乳食を食べた後に与えましょう。また、離乳食とは別に、育児用ミルクまたは母乳は赤ちゃんが欲しがる分だけ、1日3回程度与えるようにします。

 

食事の回数を徐々に増やしていくのは、乳汁以外のものから必要な栄養素をきちんと取れるようにするためです。生まれてから7〜8ヶ月頃からは、舌でつぶせるくらいのやわらかさに食材を加熱して与えます。

 

そのまま進めていき、生後9ヶ月頃になったら、1日2回だった離乳食を1日3回に増やします。

この時期は、食材を歯ぐきでつぶせるくらいのかたさ(舌でつぶせるよりも少しかためで大丈夫です)に加熱して与えます。赤ちゃんの食用に応じて、離乳食の量を増やし、離乳食を食べ終わったら、母乳または育児用ミルクを与えましょう。

 

また、離乳食とは別に、母乳は赤ちゃんが欲しがるタイミングで、欲しがる分だけ与え、育児用ミルクは1日2回程度与えます。離乳食を2回に増やした分、育児用のミルクは3回から2回に減らしましょう。

 

ちなみに、赤ちゃんが生後9ヶ月くらいにさしかかると、お母さんの母乳に含まれる鉄分が急激に減るので、育児用ミルクなどをうまく利用して鉄の不足を防ぎましょう。

 

3)離乳の完了

離乳は「乳を離れる」と書きますから、よく、「母乳を完全に飲まなくなった状態が離乳」だと考えている人も多いと思いますが、そういった意味ではありません。
離乳の完了とは、乳汁(母乳や育児用ミルクなど)以外の食べ物から栄養素の大半を取ることができるようになった状態のことを言います。

 

離乳の完了の時期は、赤ちゃんによっても異なりますが、およそ12〜18ヶ月の時期で、食事は3回食が目安です。母乳または育児用ミルクは赤ちゃんが欲しがるだけ与えてください。

 

離乳食で大事なポイント

1)薄味で作る

赤ちゃんの口の中には、味を感じる「味蕾(みらい)」という器官がおよそ1万個もあると言われています。

味蕾は、成長にともなって数が減少し、成人ではおよそ2000個まで減ると言われています。味蕾が多いほど、味を感じるセンサーがたくさんあるということになり、素材そのものの味や出汁の味を敏感に感じることができるのです。

 

したがって、同じ濃さの味付けの料理を食べても、赤ちゃんの場合は大人の何倍もの濃さの味を感じているということになります。

 

小さい頃に濃い味付けの料理を食べ続けて、その味に慣れてしまうと味覚が鈍感になってしまい、大人になってからも濃い味付けを好むようになります。素材そのものの味を感じられるよう、離乳食の味付けは、だしをうまく活用してできるだけ調味料の量を減らすなど工夫し、薄味を心がけましょう。

 

2)食物アレルギーに注意する

最近、アレルギーやアトピーになる子どもが増えてきていると言われます。専門家の意見もさまざまですが、年齢の小さい子が食物アレルギーを起こす原因として、消化器官が未発達で胃の粘膜が弱いことがあげられます。そのため、肉や乳製品、卵などのたんぱく質が十分に消化されない状態で体に吸収されてしまうことがあり、それが食物アレルギーを引き起こすとも言われています。

 

食物アレルギーを起こしやすい食品としては、動物性たんぱく質をはじめ、たんぱく質を多く含む食品(卵、牛乳、大豆など)です。特に卵は、卵白にたんぱく質が多いので、最初は完全に加熱した卵黄から始めるのが無難です。

 

目安は、育児書によっても違いますが、卵黄を食べられるようになってから約1ヶ月後です。卵黄は、完全に加熱したもの(固ゆで卵)を7〜8ヶ月から様子を見て与えてください。

ほかにも、同じものを毎日繰り返して食べるなど、摂取頻度が高くなると、食物アレルギーを引き起こす原因にもなるので注意しましょう。

赤ちゃんのおかゆを作るときに大事なポイント

離乳食は、いきなり大人と同じご飯を食べさせるのではなく、食物アレルギーの心配が少ないおかゆからスタートします。

 

月齢ごとのおかゆの硬さの目安

時期 種類 目安量
5〜6ヶ月 10倍がゆ 30gくらい
7〜9ヶ月 7倍がゆ〜5倍がゆ 40〜80g(子ども茶碗に半分〜8分目)くらい
10〜11ヶ月 軟飯 80〜100g(子ども茶碗に8分目)くらい
12〜14ヶ月 ご飯 80〜100gくらい

 

おかゆの作り方

米から作る場合

種類 米:水の割合 炊き方

10倍がゆ

米1:水10

沸騰してから弱火で約60分炊く

7倍がゆ

米1:水7

沸騰してから弱火で約40分炊く

5倍がゆ

米1:水5

沸騰してから弱火で役40分炊く

軟飯

米1:水2

沸騰してから弱火で約30分炊く

  • 1.米をといで水気を切る。
  • 2.鍋に米と水を入れて、20〜30分漬けた状態にする(浸漬)。
  • 3.蓋をして火にかけたら沸騰するまで強火で炊く。沸騰したら弱火にして炊く。
  • 4.鍋底が焦げないように、ときどき鍋をゆする。
  • 5.火を止めて10〜20分蒸らす。

注意点

2)の「浸漬」という、お米を水につける作業は、仕上がりのおかゆに芯を残さないためにも必要です。一晩くらい漬けても大丈夫なので、ぜひこの工程を抜かさずにやってみてください。

また、おかゆを鍋で炊くとき、放っておくと鍋の底が焦げやすいので、ときどき鍋をゆするなど注意してください。

ご飯から作る場合

種類 米:水の割合 炊き方

10倍がゆ

ご飯1:水5

沸騰したら蓋をして、弱火で約20分煮る

7倍がゆ

ご飯1:水3

沸騰したら蓋をして、弱火で約15分煮る

5倍がゆ

ご飯1:水2

沸騰したら蓋をして、弱火で約15分煮る

軟飯

ご飯1:水0.5〜1

沸騰したら蓋をして、水分を軽く飛ばす

  • 1.鍋にご飯と水を入れる。
  • 2.鍋を火にかけ、沸騰したら弱火で煮る。ふきこぼれやすいので、蓋を少しずらすなど工夫する。
  • 3.ある程度煮えたら、火にかけたままスプーンなどでつぶす。

注意点

3)のつぶす作業ですが、離乳食初期はドロドロ状になるまで煮て、中期は軽くつぶす程度に。後期は潰さなくてOKです。

 

おかゆをたくさん作るならリゾットもおすすめ

離乳食用におかゆをたくさん作ったら、そこに炒めた野菜や調味料を加えてリゾットにしてもいいでしょう。

赤ちゃんはおかゆで、大人はトマト缶や野菜を入れたトマトリゾット。和風の雑炊にしてもいいかもしれませんね。

 

いかがでしたか?

離乳食のすすめ方は疑問点もいろいろと多いと思いますが、赤ちゃんの様子を見ながら、あせらず慎重に進めていってくださいね。

FacebookTwitterLine

群馬県出身。4年制大学卒業後、3年間金融機関職員として働いた後、健康的な料理を作れるようになりたくて栄養士の専門学校に入学。現在は栄養士として小さな子どもの食事を作ったり、イベントで料理提供、農家とタイアップして商品PRなどの活動を行う。趣味は魚料理の研究。

Fooshine

公式アカウントをフォローして新しい情報をチェック!

関連記事

最近の記事