正しい情報で正しいダイエット

FacebookTwitterLine

「ダイエット」は、挨拶のように日々の中で定番になったキーワードです。

 

雑誌の特集、テレビ、深夜の通販番組などでも、「ダイエット」をテーマにした情報がたくさんあります。また、インターネットで「ダイエット」と検索すると、大量の結果が出てきます。

 

でも、この中で、自分にあった「ダイエット」を見つけるにはどうすれば良いのでしょうか?

 

人気のダイエット法でも自分に合うとは限らない

ダイエットの数が、星の数ぐらいあるように、実は太ってしまった原因も星の数ぐらいあります。

そのため、今、流行っているダイエットが、自分に合っているとは限らないものです。

 

管理栄養士など専門家は、ダイエットやボディメイクのサポートをするときに、生活パターンや食事の内容、量、運動の内容、強度、などを聞いてから分析します。これは、ひとりひとりの状況を把握して、その原因と対策を考え、アドバイスをするからです。

 

自分でダイエットしようとするときも同じです。自分なりに、食生活や運動を振り返って見ましょう。

 

食べている量が多くないか?好きなものばかり食べていないか?

間食や清涼飲料水、ジュース、アルコールなどを習慣化していないか?

朝食を抜くことや、夜遅くまで食べていないか?便秘、睡眠不足、体調は?運動は?

 

振り返ってみることはたくさんあります。

原因と思うことを考えて、原因を改善できるダイエット法を選んで見ましょう。

 

極端なダイエットはしない

ダイエットって、カロリーを減らせばいいんでしょ?と食べなければいいと思っている方、それはおすすめできません。

 

食べないダイエットをすると、体に必要な栄養素、エネルギーが不足し、基礎代謝が下がるだけでなく、体内の筋肉を分解してエネルギーにかえるため、筋肉量を落とし、かえって太りやすいカラダを作る原因になります。

 

また、風邪を引きやすいなど体調を崩す、だるさが続くなど、無理やりなダイエットは、デメリットも大きいのです。

 

世の中の多くのダイエットは、

①特定の食材やサプリメントを摂る「これを食べたら痩せられるダイエット」、

②糖質制限や脂質制限など「これさえ食ベなければ痩せられるダイエット」、

③りんごダイエット、朝バナナダイエットなど「単品ダイエット」

など単純なものが多く存在します。

 

これは、わかりやすくて、実践しやすいからです。

でも、続けるとなるとなかなか難しいですね。極端で続けられないダイエットは、辛いだけでなく、カラダへの大きな負担になります。

 

続けられるダイエットを考えよう

では、どんなダイエットが正しいダイエットなのでしょうか?

おすすめするダイエットの基本をご紹介します。

 

減量は月1〜2kg程度を基本とする

一気に体重を落としたいところですが、体重を急激に落とせば、カラダは、同じスピードで元に戻ろうとリバウンドします。月1〜2kgのペースで落としながら、カラダを体重に慣れさせてあげることが大切です。

 

食べないことよりも、食べて代謝をあげることを考える

食べないことは、摂取エネルギーが減るため、当然最初は体重が落ちますが、長続きはしない方法です。

筋肉量が減れば、基礎代謝量も落ち、返って太りやすいカラダの原因にもなります。

食べる量は減らしても、栄養素をきちんとキープして、代謝をあげることを考えましょう。

 

体重よりも、体脂肪と筋肉量に注目する。

体重が変化した時、もっとも重要なのは、その重さ(kg)ではなく、体脂肪率が減っているか、筋肉量が増えているかです。

 

同じ体重でも、筋肉量が増えていれば、カラダは締まって見えます。

これは、筋肉の体積が脂肪の体積よりも小さく、そして重いからです。体重だけでなく、カラダの構成に注目することで、代謝が高く、締まったカラダを手に入れることができます。

 

いかがでしたか?

ダイエットの際には、まずこの3つを基準として見ることがおすすめです。

 

そして、何よりも、短期間で効果を出すよりも、継続して続けられることが正しいダイエットの近道です。

ぜひ、正しいダイエットで、素敵なカラダを手に入れてください。

FacebookTwitterLine

Fooshineが体を作る「食」の正しい情報を発信し、社会・人を支える大事な体をサポートします。

Fooshine

公式アカウントをフォローして新しい情報をチェック!

関連記事

最近の記事